※このブログの画像は、アマゾンの商品ページにリンクしています

2005年06月27日

伊坂幸太郎著作リスト

好きな順番でランク付けしてます。


まず1位はこれ!

陽気なギャングが地球を回す
伊坂 幸太郎
4396207557

完全に自分の好みですが、こうゆう個性的な何人かが集まって何かをやる
(すごく抽象的ですが)って話が大好きなんです。
サイボーグ009みたいな。
なので木更津キャッツアイとか金城一紀の「レヴォリューションNo.3」とかも好きなんです。
これもまさにそんな感じ!
嘘を見抜く能力とか正確な体内時計の持ち主とか、
変わった能力を持った4人組の銀行強盗がトラブルに合う話です。
この4人のキャラがすごくいい!
伊坂さんの作品の魅力は台詞まわしとか、
伏線を張って、それをキレイにまとめるところだと思うのですが、
その点でもこの作品が一番よく出来ていると思います。
カバーもかっこいいですしね。
ちなみにこの作品は来年の春に映画化されます。
早く見てみたいです。

2位

チルドレン
伊坂 幸太郎
4062124424


この作品は短篇集(5作掲載)なのですが、
5つの作品はつながっていて長編としても楽しめます。
どの作品もちょっとしたトリックがあって、とてもおもしろいです。
なんとなくほのぼのした雰囲気もこの作品の好きなとこなのですが、
中でも一番最後の話の「イン」が一番好きです。
僕が人に伊坂さんを薦める時は、まずこの「チルドレン」を薦めます。

3位

ラッシュライフ
伊坂 幸太郎
4106027704

この作品は伊坂さんのデビュー2作目ですが、かなり巧いです。
伏線張りまくりで、「あれにはこうゆう意味があったのか〜」という発見が随所に見られます。
何度も読み返したくなる作品です。
あと、このハードカバー版のエッシャーの絵の表紙が好きなのですが、
文庫版では変わってしまってます↓

ラッシュライフ
伊坂 幸太郎
4101250227

と思ったら開いてすぐの所にあったので、安心しました(笑)

4位

オーデュボンの祈り
伊坂 幸太郎
4101250219


伊坂さんのデビュー作です。
喋るカカシ、嘘しかつかない画家など変わった登場人物がたくさん登場する
不思議なミステリーです。
この作品は雰囲気がすごく好きです。

5位

アヒルと鴨のコインロッカー
伊坂 幸太郎
4488017002


これはかなりヤラレました。
現在パートと2年前パートとが順番に進行していくのですが、
それぞれのパートの始まり方と終わり方が同じような文章だったり、
おもしろい書かれ方がされています。(説明難しいな…)
それらの文章のおもしろさを楽しみながら、
あまり難しく考えず読んでいたのですが…油断してました。
あるトリックに完全にひっかかってました。
詳しくは言えませんが、是非読んでみてもらいたいですね。
必ずまた最初から読み返したくなることでしょう。

6位

重力ピエロ
伊坂 幸太郎
4104596019


僕が伊坂さんの作品で初めに読んだのがこれです。
結構前に読んだので内容をあまり覚えてないのですが、とてもおもしろかったです。
伊坂作品にハマるきっかけになったぐらいですから。
サブタイトル(?)の付け方がおもしろいです。
あと、この主人公のような家族いいなぁと思いました。

7位

グラスホッパー
伊坂 幸太郎
4048735470


この作品は今までの伊坂さんの作品とはちょっと雰囲気が違う感じがしましたが、
やっぱり後半伊坂さんらしいサプライズもあり、なかなかおもしろかったです。
この作品に出てくる子供がとてもかわいらしいです。

小説現代特別編集 エソラ [esora] Vol.1 2004.12
伊坂 幸太郎 吉田 修一 真鍋 昌平 他
406179552X


こちらはおまけで。
このエソラという文芸誌に伊坂さんの中編小説「魔王」が載っています。
始めから最後まで、なんだか不思議な雰囲気の小説です。
主人公が絶えず心でつぶやくセリフが好きです。

よろしければクリックをお願いします→人気blogランキングへ
posted by トム at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4591256

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。